メインイメージ画像

オーディションとは一番の人気を得られる事が重要です

一見厳正な審査と思われがちですが、オーディションとは、一言で言えば人気ランキングです。

その場にいる人間の中で、誰が一番目立って魅力的で審査員や主催者や事務所関係者の心を掴んで、そして育てたい、一緒に仕事をしたい、タレントとして世に出したい、共に成功したいといった思いを持たせられるか否かが結果を大変左右します。
自分に自信がついてない人は、姿勢や表情、僅かな仕草にそれが現れてしまうので、常日頃から自分に自信をもって努力を怠らず、常に高みを目指すという上昇志向や目的意識の高さが必須です。

また時には、他の参加者に絶対負けない、この中で一番人気を勝ち取るというプライドも重要です。

事情や理由のないプライドは、メッキのようなものでボロが出やすく、何かの際に剥がれてしまいますが、毎日努力を続けて辛い事にも耐えて、ストイックに頑張った結果のプライドは、他を威圧して、光る魅力という武器になります。確かに謙虚さも大切ですが、謙虚でありつつ霞まない、埋もれないタレントとしての素質を見極めるのが、オーディションという舞台だと言えます。全員、人に愛されたいですし、人気を得たいと思うものです。

逆に愛されたくなくて嫌がられたいという人はいないです。

タレントというものは、人に愛されて好評があってこそ、成り立つ職業です。
オーディションという場合は、規模にもよりますが、何人かの審査員がいます。

そのたった数人の審査員から愛されず、人気を得られずしてタレントデビューはあり得ません。己の魅力を思いきって、その場で花として開かせ、素早く空気を読んで望まれるキャラを演じたり、時にはギャップを垣間見せたりして、審査員を飽きさせないで楽しませるサービス心が求められている事を常に意識します。審査員はじめ芸能関係者は、沢山の金の卵を見てきているので、気軽にはいきませんが、小手先ではなく自分も楽しみながら相手も楽しませ、その場の空気を自分の方に魅了していく、そして、ひとりでも多くの人の人気を得られるように、実力を出し尽くす事が合格の秘訣です。

更新情報